通信制高校探し

tsuushinnsei.jpg

1.レポートとスクーリングで高校卒業資格を取得

通信制高校はほとんど通学がなく、実習がメインになりますのでレポートが多くなります。


課題を与えられてそれを自宅学習でこなし、決められた期日にそのレポートを提出することになりますが、その回数は特に定めがなく学校によって違ってきます。昔はレポートを書いて郵送で送るというような手段しかありませんでしたが、最近はインターネットなども普及しましたし、Eメールであるとか、もしくは?ラーニングなどのようなものも増えてきています。

レポートだけでなくスクーリングも重要です。さすがに自宅学習だけでは行き詰まることもありますし、独学だけではどこまでも限界があります。

ある程度独学で進めて困ったところなどを、スクーリングの際に相談したりもします。スクーリングの時には勉強を教えるだけでなく、カウンセリングを行ったりして、コミュニケーション面や、人間関係などのことでも相談にのってくれます。

投稿回数というのは、大体月2回程度というのが基本でしたが、最近は、生徒の都合に合わせて年数回であるとか月数回、もしくは毎日などといったようなこともできますし、一定期間合宿のようにして勉強するということもできます。



2.通信制サポート校の選び方

通信制サポート校というのは、高校卒業資格を取得するために行くものではありません。

高校卒業資格をとるには、通信制高校と並行して通わなければなりません。私立であるとか公立であるとかといったような学費の差はありますが、基本的に二つの学校に通うことになりますので、授業料は当然高くなります。

負担も多くなりますが、それでもサポート校に通うといった目的は、やはり通信制高校に通うだけでは十分でない部分を補いたいであるとか、もしくは確実に高校卒業資格を取得するために塾や予備校といった感覚で通うといったことがいえます。費用には差がありますが、入学金はおおよそで10万円前後とみておけば良いでしょう。

授業料は内容にもよりますが、年間でおおよそ40万円から100万円前後です。その他諸費用がかかることもあります。

通信制サポート校に通う目的は色々あると思います。例えば、通信制高校だけではなかなか独学が多くなるので難しいと思って通う人もいらっしゃいますし、それだけでなく、確実に高校卒業資格がとりたいからといって通う人もいます。

中には、将来的にすでにやりたいことが決まっていて、その職業に就くために専門的なスキル技術を学びたいと言ったような方がダブルスクールという形で入ることが多いです。専門学校に併設されていることが多いこのサポート校というのは、技術的な面などで専門的な知識などを教える土壌がありますので、そういったことを勉強したいという方にとっては、とっておきかもしれません。



3.美のスペシャリストを育成する青山ビューティ学院高等部

フロム ハンドのメークアップアカデミーと、さくら国際高等学校がコラボレーションしてできた学校が青山ビューティ学院高等学校です。一般的な科目だけでなくて、美容業界に関する知識や、必要スキルも学べますし、美容関係に興味がある人は単純に高校卒業資格を取得するために、通信制高等学校に通うよりも、早めに目標設定をして卒業後の進路について考えておくことができれば、専門的な教育を受けた方が将来は明るいですね。

最近はネイリストになりたいとか、メイクアップアーティストになりたい、海外のサロンで働いてみたいなど、美容業界で働きたいという女子生徒もどんどん増えてきています。3年間で専門的な技術も学べば、将来の夢への近道になります。

勉強していくうちにもっと学びたいという意欲がわいてきたら、さらに上に専門学校や、大学への進学サポートもありますし、フロムハンドメークアップアカデミーにも、進学を進めることができます。また、美容業界に就職している人もたくさんいます。

やはり美容業界に入るためには、単純に知識やスキルを身につけるといったことだけでなくて、美のスペシャリストとしての振る舞いなども学ばなくてはなりません。そういったところまでを含めて、しっかりと指導してくれるのが、青山ビューティ学院高等学校です。

美に関する勉強を通じて、大人の女性の振る舞いが覚えられるというのも素敵ですね



4.ヴィーナスアカデミー高等部

サポート校に通う生徒達は、自分の興味のある分野を伸ばしたい人が多いです。特に最近若い女性に美容業界が大変人気ですが、美容業界に入るには、もちろん知識やスキルは必要です。

根本となる自分自身の美意識を高めなければなりません。ヴィーナスアカデミー高等部は、そういったスキルや、知識といった部分だけでなく、個々の美意識を高めるといったところにも重点を置いていますので、美容業界を目指す人にとって個々の感性を鍛える土壌があるのです。

またサポート体制も充実しており、将来的にどんな道に進みたいか、若しくは日常生活での困り事や悩み事なども、親身になって相談にのってくれます。大体通学は週4日から、もちろん自分のスタイルに合わせて相談することができます。

専門的な知識を学びながら、高校卒業資格も取得できるというので、これまでなかなかやる気になれなかった活力が湧いてこなかったという生徒にとっても、もう一度将来に向かって頑張るチャンスです。専門的知識や高校卒業資格というだけでなく、様々な資格に対しを取得するためのサポート体制も充実していますので、高校在学中に色んな資格をとるのもいいと思います。

授業は様々な業界でのプロが教えます。ですので、教科書的な学習だけでなく、実際に現場で必要なスキルや、根本的な考え方といった、よりリアルな情報を伝えることにより、実戦に強い専門知識が身につくのです。

ハイレベルと聞くと、少し自信のない方は不安になるかと思いますが、一人一人に対してしっかりと指導してくれますし、丁寧にわかりやすく教えてくれますので、将来的にその道のプロを目指したいという方に関しては、非常に充実した教育カリキュラムです。



5.10代からプロを目指す方はバンタンデザインハイスクールへ!

義務教育である中学校を卒業した時点で、既に明確に将来のビジョンが描けているという若者も少なくありません。

何でもその道に突き進むのであれば、早いに越したことはありません。10代ですでにプロの世界を目指して、しっかりと学んでいきたいと考える方は多いと思います。

バンタンデザインスクールは特に、最近若者に人気であるクリエイティブな業界、デザイナーやファッション、ヘアメイクなど、色々な分野に対応した学習カリキュラムがあります。特にデザイン業界には強いですので、若いうちにデザイン感覚や感性を磨きたいという方にはおすすめできる学校です。

通信制高校に通っていたり、サポート校に通うという人の多くは、高校卒業資格は取得したいと考えるはずです。社会に出る上で、最低でも高校卒業資格は必要になりますし、後々に進学をしたくなったという場合も、高校卒業資格は必須になります。

もちろんバンタンハイスクールでも、高校卒業資格取得に関してきっちりバックアップしていますし、それだけでなくデザインを学びたいという人にとっては、本格的始動でデザインを学ぶことができますので、若いころからデザイン業界の感性を身につけるチャンスです。もちろん素人ではなく、もともとデザイン現場にいたプロの講師が指導するので間違いありません。

多様なニーズに応えるべく様々なコースが用意されています。総合デザイン、ヘアメイク、ファッションなど、自分が目指したい方向に向けてコースを選択します。

単純な技術指導だけでなく、より実戦に即した内容の教育をしていますので、よくあるように、学校で学んだことと現場で求められることが大きく違った…、というようなことはありません。現役のクリエイターがしっかりと現場で求められるようなスキルや、知識もしっかりと伝えてくれるのです。

生徒たちがより積極的に色々な学習に取り組めるように、資格取得のサポート、例えばファッションコースであれば、ファッションコンテストに関する対策などをサポートもしおり、総合的なサポート体制で教育を行っています。

参考文献:通信制高校.net~人気校一覧と学費比較~